本文へスキップ

貴社は折込チラシ&LINEチラシが集客に失敗する本当の理由をご存知ですか?  一度の商圏調査で、30か所の出店適正地を発見

TEL. 03-6215-8322

〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

会社概要COMPANY

社名
FMI 株式会社エフ・エム・アイ
代表者
鳴海 康博
取締役
上林 康彦:システム担当
取締役
吉田 公子:システム担当
本社所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
→アクセス
TEL. 03-6215-8322
FAX. 03-6215-8700
資本金
2000万円
設立
1979年9月
取引銀行
みずほ銀行、神田駅前支店

(代表 鳴海康博)

法政大学経済学部卒業、産能大学大学院経営情報学科修了(MBA)
商工会議所・経営指導員
 ①
経営指導員の仕事:銀行&政府系金融機関の借入指導、経理&税務指導、商店街診断、
 店舗改装企画,売上アップの指導・・・等々
 ②船橋市から依頼されて、船橋市芝山公設小売市場の建設から開店までを企画指導、
 そして開店後も継続して指導。
 ③船橋市公設小売市場が農水省のモデルになったことで、農水省の共同店舗活性化委員
 として
農水省の依頼で日本全国公設小売市場の診断&指導を行った。


経営コンサルタントとして独立
①食品スーパーを核店舗にした「近隣型ショッピングセンター」の建設計画から開店までのトータルコンサルティングを実施。
業務内容:ショッピングセンターのレイアウト計画、業種計画、テナント配置計画、テナント採算計算、テナントの銀行借入、テナント内装計画、食品スーパーレイアウト設計。
③日本全国で15カ所の案件を建設から開店までをトータルコンサルティングした。
④ショッピングセンターを成功させるために、売上予測のノウハウを開発した。



 コンサルティング「ノウハウ」をパッケージソフト化
 
家計調査報告書データを5年単位で解析、解析データを基に
日本で最初の棚割りソフトを開発した。
・・・食品スーパーの幹部教育用に開発した棚割りソフトを活用して、客数・売上・粗利益率が
UPする実例を大学院の修士論文として発表、指導教授が大学の卒論のテキストに採用した。



 

売上予測ソフト共同開発提携企業
 ●技研商事インターナショナル株式会社版
 ●応用技術株式会社版
 ●パスコ株式会社版
 ●株式会社インフォマティクス版・・・現在の売上予測ソフト 


GIS(地図)売上予測専門ソフト・・・GIS(地図)業界で出店適正地を発見できる
ソフトは弊社のみです。

■ショッピングセンター開発の経験から、精度90~95%で商圏調査&売上予測ソフトを開発して1996年にパッケージ化した。
パッケージソフト購入ユーザー数 68社(価格650万円~1,000万円)、精度:90~95%。
■2019年に商勢圏20㎞四方の範囲で
[出店適正地を30か所発見] をバージョンアップ。



 

「ID-POSデータ」解析(地図)ソフト共同開発提携企業
 ●応用技術株式会社
 

「ID-POSデータ」解析(地図)ソフト・・・品目別に競合店に負けているエリアが地図で判る
ソフトは弊社のみです。
チラシ(折込・LINE)掲載特売品の購入頻度(購入サイクル)を精度95%で算出できる
ソフトは弊社のみです。

■集客に失敗する最大の要因は、折込チラシの特売品掲載時期のずれにあります。
 購入サイクルで
特売品掲載時期のずれを解消すれば、売上を3%~5%UPできます。






 
 

バナースペース

FMI 株式会社エフ・エム・アイ

〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

TEL 03-6215-8322
FAX 03-6215-8700