本文へスキップ

FMI 株式会社エフ・エム・アイは売上予測・出店適正地&POSデータ解析を専門とするコンサルタント会社です

TEL. 03-6215−8322

〒104-0061 東京都中央区銀座6−6−1 銀座風月堂ビル5F

売上予測・出店適正地:ドラッグストアNEWS&FAQ



売上予測 パッケージソフト ユーザー数 68社
食品スーパー
ドラッグストアホームセンター、スーパー、紳士服、スポーツ用品店、靴専門店、ガソリンスタンド、ハンバーガー、ラーメン、焼肉



ハフモデルの計算を4回実施していますので!!



ハフモデルの計算を4回実施している内容
1回目:商業統計データのみで業態別売上予測・・・業態別魅力度算出。
2回目:商業統計データに漏れている店舗の面積を入力して売上予測。
3回目:商業統計調査以降開店した店舗の売場面積を入力して売上予測。
4回目:計画店舗の売場面積を入力して可能売上を算出。、
下限可能売上:確実に可能な可能売上
中限可能売上:自店面積の1/2を競合店から削除した可能売上
上限可能売上:理論上競合店が全く無い場合の可能売上

半径10q内の全メッシュの可能売上を自動算出していますので・・・
競合店の出店による売上減少額&減少率も自動算出しています
計画店・競合店の独占商圏も7か所まで一度に画像表示できます。






 ドラッグストア編


















商業人口とは、メッシュ吸引人口にメッシュ魅力度(商業統計データで算出)を乗じた数値です。
商業人口に一人当たり買上金額を乗じて、可能売上を算出します。
よって、メッシュ内店舗面積が少ないと商業人口も少なくなります。
商業人口が少なくて行政人口が多いメッシュが競合が少なく高い可能売上を得られます=
出店適正地
下限可能売上とは、出店メッシュ内のすべての競合店に負けた場合の可能売上です。
出店メッシュ内の競合店のすべてに勝った場合の可能売上は上限になります。
自店面積分だけ競合店に勝った場合は中限可能売上になります。
出店適正地の下限可能売上は販促を含むマネジメント力で中限可能売上を得られます。




 下限可能売上:確実に可能な可能売上
中限可能売上:自店面積の1/2を競合店から削除した可能売上
上限可能売上:理論上競合店が全く無い場合の可能売上

※下限可能売上の店舗面積効率が高い=出店適正地、販促マネジメント力で更に可能売上がUPします。




 店舗面積効率が高いメッシュ=出店適正地ですので、グーグルマップで空き地があったら迷わず出店できます。









バナースペース

FMI 株式会社エフ・エム・アイ

〒104-0061
東京都中央区銀座6−6−1 銀座風月堂ビル5F

TEL 03-6215−8322
FAX 03-6215−8700